スポンサーサイト

  • 2018.08.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るための他のヒントその4

    • 2018.08.22 Wednesday
    • 17:32

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    面接では、たとえ前職での上司や先輩がパワハラまがいのことをするヒドい人間であったとしても、悪口を言ってはならないというのは、転職をする上ではもはや常識となっています。

     

    ましてや、前職の社長や雇用者の陰口を言っているようでは絶望的です。社長連中は、同じ社長と呼ばれる者たちに対して仲間意識を持っているので、何かの拍子に話が漏れる可能性さえあります。

     

    面接官の中には、あの手この手で本音を聞き出すテクニックに長けている方が多いと思います。そういう面接官に当たってしまうと、「 ついつい誘導されて本音を話してしまった 」なんてエピソードは数えきれないぐらい聞いてきました。

     

    「 今日は息苦しいのは抜きにして、ざっくばらんな面接にしたいと思います。 」なんて発する面接官は非常に危険です。 

     

    だからこそ、あなたは面接の間中、そうした社長連中に対して礼儀を示す人間だという印象を与えなければならない。

     

    また前職の社長の悪口を言おうものなら、今目の前に座っている社長や雇用者は、あなたを雇ったら、また同じように外で何を言われるのか分からないという疑心暗鬼に陥ります。

     

    面接において、前職の話題が持ち上がることは稀ですが、社長に良くしてもらったとかいう類のエピソードは用意しておくべきでしょう。「 そういうエピソードはない!俺はあの社長が大嫌いだったんだ! 」というのなら、早めに手を打っておきましょう。

     

    「 私は大概、誰とでも上手くやれるのに、何故か前職での社長とは馬が合わなかった。それ以前にはそういうことは一度もありあませんし、今後二度と起こらないことを祈っています。 」最悪の場合のエピソードも考えておいて損はありません。

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るための他のヒントその3

    • 2018.07.22 Sunday
    • 00:00

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    雇う側の人間は、40歳代のあなたの就職活動のやり方を、あなた自身の仕事のやり方と見ているという事実を知っておくべきです。

     

    だから、面接の際には、自分は口先だけでなく実行が伴う人間だということをはっきりと示しておくべき。

     

    例えばだが、自分が仕事を几帳面にこなすタイプの人間だと示したいのならば、事前にその会社について徹底的に調べておくべきではないだろうか?あなたが中途半端な気持ちで、いい加減な転職活動をしているのであれば、採用する側も「 ああ、口では几帳面と言っているが、実際はいい加減な人材なんだな 」とみなされます。

     

    大概の40歳代転職者は、自分のポリシーなりが転職活動に生かし切れていないから失敗してしまう。そんなに転職マニュアルが大事ですか?そんなに人と同じやり方で転職活動しないと不安で夜も眠れませんか?

     

    そろそろ目を覚ましてくださいよ。

     

    自分のスキルを面接で見せることができるならば、内定を勝ち取ることができる確率がグッと上がります。たとえば美術系の人材であれば、自分の作品を写真やビデオで見せる荒業。プログラマーならば、書いたコードを持参するのも手です。

     

    特化したスキルがなくとも、自己PR文などを持参して強烈にアピールすることも十分可能だし、私はこうして内定を勝ち取ってきた。

     

    何度もいうが、人と同じ行動を取っていたのでは、いつまでたっても内定はもらえない。特に40歳代以降の転職者は、厳しい戦いになるから覚悟して臨まなければならない。

     

     

     

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るための他のヒントその2

    • 2018.06.22 Friday
    • 00:00

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    前回もお話ししましたが、あなたは面接の前に、駄目な従業員が引き起こす問題点について考えておくべきでしょう。

     

    代表的な例えになりますが、遅刻する、しょっちゅう体調不良で休む、仕事せずに私用でインターネットをしているなどです。

     

    次に面接中に自分はそういうことは絶対にしないし、自分の目標は「 組織の効率のため、サービスや利益を向上させること 」だと強調するすべを身に着けるべきでしょう。

     

    これは、どのようなポジションを狙っているかどうか関係なく、いま雇う側の人間たちがどのようなスキルをもった人材を求めているのかを知っておくべきでしょう。

     

    雇う側の人間たちが探している従業員とは、時間に正確で、もちろん定時よりも早く出社して、誰よりも遅くまで会社に残り、誰よりも信用でき、態度も良好でやる気と熱意を持っており、給料以上の働きをしてくれるような人材です。

     

    また、職場環境が激変しても柔軟に対応でき、常に学ぶことを怠らない、創造的で問題解決が上手く組織に忠実。市場やトレンドを予測できるような人物です。( 職場の上司たちは、就職希望者たちに本当にここまで注文をつけている )

     

    このように、何よりも支払う給料よりも多くのベネフィットをもたらしてくれる人材を雇いたいと考えていることを忘れないでほしい。だからこそ、面接ではこれらの中で自分に当てはまると思うことを、証拠となるようなストーリーとともに話すように心掛けなければならないのです。

    40歳代の転職で辛い面接を乗り切るためのその他のヒント

    • 2018.05.22 Tuesday
    • 00:00

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    面接には、暗黙のルールがあるのをご存知でしょうか?

     

    1.一般的に、「 50対50ルール 」と言われていますが、これを絶対に守ること

     

    大手リサーチ社の研究によって明らかにされたところによれば、一般的に採用される人々は、面接で自分が話す時間と空いての話を聞く時間がほぼ同じだという結果が報告されています。

     

    この半々ルールに従わない転職者は、採用されることはないと言います。

     

    その理由として、しゃべり過ぎる人は組織の要求を無視すると思われ、逆に口数が少なすぎると経歴に関して何か隠していることがあるのではないかと疑われるせいではないかと私は考えています。

     

     

    2.面接官の質問に答える際、「 20秒から2分のルール 」を守ること

     

    同じく研究によって明らかにされたところによれば、あなたが話す番になった時、あるいは質問に答える時に、印象をよくしたいと思うならば、1度に2分以上話さないようにしなければならない。

     

    逆に、20秒以下に短くしないことも重要です。あまりにも短い返答だとコミュニケーション能力に欠けていると思われても仕方がありません。( 実際、面接官の質問に答えるには、20秒程度しかかからないことが多いものですが… )

     

     

    3.「 厄介事を持ち込む中高年でなく、ソリューションをもたらす40代だと思われるように心がけること

     

    どんな組織においても、直面している問題と、それに対する解決策のことでいっぱいいっぱいです。だから、面接官が面接中に知ろうとしているのは、この転職者は解決策をもたらしてくれるのか否かということだけだ。

    40歳代の転職で辛い面接を乗り切るための3つめのヒント

    • 2018.04.22 Sunday
    • 20:06

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    就職面接は見かけとは違うものです。一見すると、面接と言うのは1人の応募者が、死ぬほど怯えながら座っており、その対向には自信たっぷりな面接官が世慣れた態度で座っているかのように見えるでしょう。

     

    ところがです、実は2人とも不安な気持ちで向かい合っているのです。ただ、場数を踏んできている面接官のほうが、あなたよりも上手く不安を隠しているに過ぎません。面接官もあなたと同じ人間です。多くの場合、彼らは面接をするために雇われたのではなく、通常の業務に加えて、仕方なくやらされているにすぎません。

     

    それに、最も彼らが恐れる事態が「 自分は間違った決定をしてしまうのではないか? 」ということなのです。

     

    我々面接官が抱く不安は以下のようなものがある。

    1. この40代転職者は、仕事ができないのかもしれない。必要なスキルや経験を持っていない可能性さええる
    2. この40代転職者は、雇われた後あまり熱心に働かないかもしれない。
    3. この40代転職者は、雇われた後何かと理由をつけて病欠するかもしれない
    4. この40代転職者は、たった数か月いただけでももっと条件のいい職場に移ってしまうかもしれない
    5. この40代転職者は、仕事を覚えるのに物凄く時間がかかってしまうかもしれない
    6. この40代転職者は、同じ職場の人達とうまくやれないかもしれないし、社長に歯向かうような人物かもしれない
    7. この40代転職者は、率先して自分から仕事を見つけるタイプではないかもしれない
    8. この40代転職者を雇うという間違いを犯したがために、当社が多額の損失を被ることになるかもしれない

    面接官があなたと同じくらい不安に感じるのはお分かりになったでしょう。心の中で彼らに同情し、自分に共感してくれることを心から願い面接に挑んでいきましょう。そしてこの際、「 雇用者 」とか「 従業員 」という呼び名も捨ててしまおう。私たちはどちらも同じただの人間だから。

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るための2つめのヒント

    • 2018.03.22 Thursday
    • 01:14

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    40歳の転職者は、面接を受ける前に以下の3つの方法で必ず準備しておくべきです。

     

    1.面接を受ける前に、その組織または会社について調査しておくこと

    ウェブサイトがあるなら、「 会社案内 」や「 組織概要 」などといったページは最低限読んでおくこと。またその会社の従業員を知っている友人がいたら紹介してもらい、その人を喫茶店にでも呼んで内部事情について尋ねてみること。どんな組織でも基本的に愛されるのを喜ぶものです。

     

    もしあなたが手を尽くして情報を色々集めていた事実を知れば、採用担当官は嬉しく思いいい印象を持つのです。なぜならほとんどの転職者はそおういう手間をかけないからなのです。残念なことに、大抵の転職者は組織に関して何の知識もなく面接室に入ってくるものです。

     

     

    2.自分が面接で内定を望むのなら指定された時間は必ず守ること

    相手がもう少し話したいと言った場合は別ですが、10分だけ時間をくださいと頼んでおいて、30分、40分と長引いてしまう場合は絶望的です。時間をきちんと守ることを私は強くお勧めします。

     

    常に時間を意識して、雇用者がどうしてももう少し話そうと言い出さない限り、1分たりとも延長してはいけません。時間が来たら「 10分だけとお願いしましたので、それを守ります 」と言って、面接を終わらせるように心がけなければならないのです。ダラダラと話すよりも、採用担当官に好印象を持たれることは間違いありません。

     

     

    3.面接担当官もあなたと同じぐらい不安に思っている

    面接に行くとき、これだけ覚えておけば、緊張せずにすむのではないでしょうか?なぜ不安に感じるかお分かりでしょうか?実は、面接は従業員を選ぶのには非常に信頼できる方法とは言えないからなのです。たった30分か1時間での面接の中で、転職者の人となりを見出すことは実質的に不可能に近いですし、少し訓練すれば面接官を欺くぐらい簡単なことなのです。

     

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るための1つめのヒント

    • 2018.03.15 Thursday
    • 23:32

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

     

    「 面接で緊張して何も話せなかった 」と嘆く40歳の方は意外に多いので驚きます。私も長年、総務人事職として面接を担当してきましたが、未だ面接をされる側は苦手です。

     

     

    面接はデートのようなものだと例えられます。お見合いを想像してもらえれば分かり易いのではないでしょうか?言ってみれば、二人の人間が互いにもっと親密になりたいかどうかを決めることなのです。

     

     

    面接とは自分を市場に出すこと、つまりあなたに関心がない雇用者に自分を売り込むことだと考えないほうがいい。むしろ、面接はあなたにとって調査の一部なのである。

     

     

    就職活動の中で、あなたが行ってきたデータ収集作業の一環だと考えれば良い。面接官の前に座っている間、あなたが答えを見つけようとしている質問は1つだけ「 自分は本当にここで働きたいのか? 」です。

     

     

    あなたはその答えを見つけるために面接を利用する。「 ここで働きたい 」という結論が出いて初めてあなたは売り込みに全力を注ぐべきなのです。

     

     

    また面接を試験と考えないことが重要です。面接は雇用者にとってもデータ収集作業なのです。彼らは、あなたが自分のところにみあうかどうか見定めようとしています。彼らは面接で「 この人にここで働いて欲しいと思っているのか? 」「 当社が本当に必要としているスキルや知識や経験を持っているのだろうか? 」「 我々が求めているような仕事に対する姿勢を持っているのだろうか? 」「 この40歳の求職者は、他の従業員たちと上手くやっていけるのだろうか? 」と自分に問いかけるのです。

     

     

    40歳の転職で辛い面接を乗り切るためのヒントについてまとめてみましたがいかがでしたか?

    次回、二つ目のヒントについて説明していきますね。

    40歳の転職が失敗しないために守るべき8つの注意点 後半

    • 2018.03.08 Thursday
    • 05:59

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    前回に引き続き、40歳の転職に関する注意点を述べていきます。

     

     

    5.たくさんの時間を使って職業選びを考えることにより、あなたの選択はより良いものになっていきます。

    「 手っ取り早く賢い 」やり方を探そうとすると、しっぺ返しが待っていますので、辛くてもしっかり現実を見据えて活動していくべきです。

     

     

    6.あなたが若くて、あるいは比較的若いのであれば、失敗したとしても問題ありません。誤った選択をしても構いません。

    「 人間は失敗から学ぶことができる唯一の生き物 」なのです。あなたには誤った決定を修正する時間がいくらでもある。私たちの多くは、障害に3〜5つの職業を経験しますが、それが最初からいくつになるのか?なんて誰にも分かりません。

     

     

    7.憧れていた職業の中で、働く先を選び、見つけることは、何にも増して楽しいことであるはずです。

    あなたが楽しさを感じていればいるほど、正しい方向にむかっているはずです。それをもっと楽しくするためには、大きな白い紙に色鉛筆で自分の理想とする生活のイメージを書いてみましょう。

     

     

    8.いまあなたが、これからの仕事が保証されるだろうという理由だけで何かの資格や学位を取ろうとしているのであれば、辞めておいた方がいい。

     

     

    この世に保証など、どこにもないのですから。

     

     

    非常に見込みのありそうな分野の大学に行って卒業したのに、卒業後何年経っても就職できないでいる人々から届く、苦しみに満ちたメールを私は何通受け取ったか分かりません。彼は苦しみ、怒っていて、社会に嘘をつかれたと感じて絶望しているのです。

     

     

    この非常に高くつく過ちを避けるために、あなたがしなければならないのは、職業を選んで、それをとことん調べて、自分がそれを心からやりたいかどうか確かめ、それから資格スクールに行って勉強することです。

     

     

    資格を取るのは仕事が保証されているからではなく、あなた自身がこの選択に情熱や熱意やエネルギーを感じているからなのです。他人たちが夢見る人生を、自分は見つけたと感じているからです。

    40歳の転職が失敗しないために守るべき8つの注意点

    • 2018.03.01 Thursday
    • 18:16

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

     

    40歳の求職者が職業を選ぶ、または転職するときに、必ず頭に入れておかなければならない8つの注意点を纏めておきます。

     

     

    1.40歳になっても興味を持てる職業、あるいは魅力を感じられる職業を選ぶ

    ただし、すでにその職業に就いている人達と話して、最初の印象通り素晴らしいかどうかも確かめておくこと

    「 あなたはこの仕事のどこが一番好きですか? 」「 あなたはこの仕事のどこが一番嫌いですか? 」「 どういう経緯で、あなたはこの仕事に就いたのですか? 」と尋ねてみるのがいいでしょう。

    最後の質問は、どうやったらその職業に就くことができるかについての重要な手がかりとなるのです。

     

     

    2.40歳の求職活動で色々変化しても、自分の人生だけは守るようにする

    かみ砕いて言うと、すべてを変える必要はないということです。

    40歳以降の人生を動かすには、しっかりと立てる場所が必要です。そうした場所は、40歳のあなた自身の不変な部分、つまりあなたの性格や人間関係、信念、価値観、そしてどこにでも通用するスキルによって成り立っているのです。

     

     

    3.40歳の退職者が長期的に仕事から満足を得るためには、就職市場や流行に惑わされない

    自分自身と自分のやりたいことに見合った職業から探し始めるのがいいでしょう。流行でないかどうかは、熱意や情熱が持てるかどうかです。

     

     

    4.40歳のあなたにとって最高の職業とは、あなた自身を幸福にするもの

    あなたの好きな分野や専門知識で、どんなところでも通用するあなたの好きなスキルを使い、あなたの好む人的環境や職場環境で働くことができ、あなたが望む給料や報酬が得られ、あなたの求める目標や価値観を達成するのです。これには徹底的な自己洞察力が必要なのです。

    40歳の退職者はソーシャルメディアさえも利用せよ

    • 2018.02.24 Saturday
    • 00:19

     

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    ネットワーク作りは、何も直接会って行うものばかりではありません。ネットワーク作りのやり方は大きく変わってきており、10年前と比べてもずいぶん変化してきています。

     

     

    Facebook、Youtube、Twitterなどのソーシャルメディアサイトのおかげで、人々はコミュニティを作り、情報を共有して色々なものを他人に進め、意思決定を助け、協力や発明を促し、働き方や人との新しい繋がりを見つけている。

     

     

    ソーシャルメディアサイトは素晴らしい。そして驚くほど役に立つツールだ。ソーシャルネットワークに入ることは、神秘の森を探索するようなものだ。敬意の念に打たれて、沢山の美しいものに目をみはる。

     

     

    40歳のあなたは、この度に出たことが嬉しくてたまらないことでしょう。

     

     

    しかし、その森には危険も潜んでいることを忘れてはならない。そう、プライバシー情報泥棒と呼ばれる奴らだ。

    httpsの「 s 」の付かないURLには決してクレジットカードの番号など重要な情報を入力してはならない。

     

     

    どちらでもいいと感じるかもしれませんが、httpsの「 s 」は重要なのです。ネットに詳しくない40歳の転職者はむやみやたらに

    httpsの「 s 」の付かないURLにアクセスしないよう心がけてください。

     

     

    httpsは暗号化されているので、通常はハッキングができないようになっています。しかし注意も必要です。

     

     

    無料で何かを提供するという罠であなたを誘い込もうとするのです。

     

     

    あるいは、あなたの銀行口座やクレジットカードなどに問題が発生したので訂正をする必要があるといったメッセージで詐欺ろうとする。だから彼らが求める情報を一切与えてはならない。少しでも何かがおかしいと感じのならば、その警告メッセージが出ているサイトから即離脱すべきです。

     

    また最も注意しなければならないのは、「 偽レビュー 」と呼ばれるものでしょう。この転職サイトは40歳に最適であるとか、この人材紹介会社は100%中高年に適しているというものです。

     

     

    何故このような偽レビューが横行していると思いますか?

     

     

    それは40歳のあなたが、彼らのサイトを経由して転職サイトや人材紹介会社に登録をすると、彼らに膨大な報酬が発生するからなのです。だから彼らは平気でウソをつく。そんな情報に振り回された転職を続けていると、なかなか内定が貰えず自暴自棄になってしまいます。

     

     

    情報に惑わされず、自分本位で転職活動に臨んでください。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    斉藤が何位か確認

    転職の裏技を見てみる

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM