40歳の転職で辛い面接を乗り切るための2つめのヒント

  • 2018.03.22 Thursday
  • 01:14

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

40歳の転職者は、面接を受ける前に以下の3つの方法で必ず準備しておくべきです。

 

 

1.面接を受ける前に、その組織または会社について調査しておくこと

ウェブサイトがあるなら、「 会社案内 」や「 組織概要 」などといったページは最低限読んでおくこと。またその会社の従業員を知っている友人がいたら紹介してもらい、その人を喫茶店にでも呼んで内部事情について尋ねてみること。どんな組織でも基本的に愛されるのを喜ぶものです。

 

もしあなたが手を尽くして情報を色々集めていた事実を知れば、採用担当官は嬉しく思いいい印象を持つのです。なぜならほとんどの転職者はそおういう手間をかけないからなのです。残念なことに、大抵の転職者は組織に関して何の知識もなく面接室に入ってくるものです。

 

 

 

2.自分が面接で内定を望むのなら指定された時間は必ず守ること

相手がもう少し話したいと言った場合は別ですが、10分だけ時間をくださいと頼んでおいて、30分、40分と長引いてしまう場合は絶望的です。時間をきちんと守ることを私は強くお勧めします。

 

常に時間を意識して、雇用者がどうしてももう少し話そうと言い出さない限り、1分たりとも延長してはいけません。時間が来たら「 10分だけとお願いしましたので、それを守ります 」と言って、面接を終わらせるように心がけなければならないのです。ダラダラと話すよりも、採用担当官に好印象を持たれることは間違いありません。

 

 

 

3.面接担当官もあなたと同じぐらい不安に思っている

面接に行くとき、これだけ覚えておけば、緊張せずにすむのではないでしょうか?なぜ不安に感じるかお分かりでしょうか?実は、面接は従業員を選ぶのには非常に信頼できる方法とは言えないからなのです。たった30分か1時間での面接の中で、転職者の人となりを見出すことは実質的に不可能に近いですし、少し訓練すれば面接官を欺くぐらい簡単なことなのです。

 

40歳の転職で辛い面接を乗り切るための1つめのヒント

  • 2018.03.15 Thursday
  • 23:32

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

 

「 面接で緊張して何も話せなかった 」と嘆く40歳の方は意外に多いので驚きます。私も長年、総務人事職として面接を担当してきましたが、未だ面接をされる側は苦手です。

 

 

面接はデートのようなものだと例えられます。お見合いを想像してもらえれば分かり易いのではないでしょうか?言ってみれば、二人の人間が互いにもっと親密になりたいかどうかを決めることなのです。

 

 

面接とは自分を市場に出すこと、つまりあなたに関心がない雇用者に自分を売り込むことだと考えないほうがいい。むしろ、面接はあなたにとって調査の一部なのである。

 

 

就職活動の中で、あなたが行ってきたデータ収集作業の一環だと考えれば良い。面接官の前に座っている間、あなたが答えを見つけようとしている質問は1つだけ「 自分は本当にここで働きたいのか? 」です。

 

 

あなたはその答えを見つけるために面接を利用する。「 ここで働きたい 」という結論が出いて初めてあなたは売り込みに全力を注ぐべきなのです。

 

 

また面接を試験と考えないことが重要です。面接は雇用者にとってもデータ収集作業なのです。彼らは、あなたが自分のところにみあうかどうか見定めようとしています。彼らは面接で「 この人にここで働いて欲しいと思っているのか? 」「 当社が本当に必要としているスキルや知識や経験を持っているのだろうか? 」「 我々が求めているような仕事に対する姿勢を持っているのだろうか? 」「 この40歳の求職者は、他の従業員たちと上手くやっていけるのだろうか? 」と自分に問いかけるのです。

 

 

40歳の転職で辛い面接を乗り切るためのヒントについてまとめてみましたがいかがでしたか?

次回、二つ目のヒントについて説明していきますね。

40歳の転職が失敗しないために守るべき8つの注意点 後半

  • 2018.03.08 Thursday
  • 05:59

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

前回に引き続き、40歳の転職に関する注意点を述べていきます。

 

 

5.たくさんの時間を使って職業選びを考えることにより、あなたの選択はより良いものになっていきます。

「 手っ取り早く賢い 」やり方を探そうとすると、しっぺ返しが待っていますので、辛くてもしっかり現実を見据えて活動していくべきです。

 

 

6.あなたが若くて、あるいは比較的若いのであれば、失敗したとしても問題ありません。誤った選択をしても構いません。

「 人間は失敗から学ぶことができる唯一の生き物 」なのです。あなたには誤った決定を修正する時間がいくらでもある。私たちの多くは、障害に3〜5つの職業を経験しますが、それが最初からいくつになるのか?なんて誰にも分かりません。

 

 

7.憧れていた職業の中で、働く先を選び、見つけることは、何にも増して楽しいことであるはずです。

あなたが楽しさを感じていればいるほど、正しい方向にむかっているはずです。それをもっと楽しくするためには、大きな白い紙に色鉛筆で自分の理想とする生活のイメージを書いてみましょう。

 

 

8.いまあなたが、これからの仕事が保証されるだろうという理由だけで何かの資格や学位を取ろうとしているのであれば、辞めておいた方がいい。

 

 

この世に保証など、どこにもないのですから。

 

 

非常に見込みのありそうな分野の大学に行って卒業したのに、卒業後何年経っても就職できないでいる人々から届く、苦しみに満ちたメールを私は何通受け取ったか分かりません。彼は苦しみ、怒っていて、社会に嘘をつかれたと感じて絶望しているのです。

 

 

この非常に高くつく過ちを避けるために、あなたがしなければならないのは、職業を選んで、それをとことん調べて、自分がそれを心からやりたいかどうか確かめ、それから資格スクールに行って勉強することです。

 

 

資格を取るのは仕事が保証されているからではなく、あなた自身がこの選択に情熱や熱意やエネルギーを感じているからなのです。他人たちが夢見る人生を、自分は見つけたと感じているからです。

40歳の転職が失敗しないために守るべき8つの注意点

  • 2018.03.01 Thursday
  • 18:16

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

 

40歳の求職者が職業を選ぶ、または転職するときに、必ず頭に入れておかなければならない8つの注意点を纏めておきます。

 

 

1.40歳になっても興味を持てる職業、あるいは魅力を感じられる職業を選ぶ

ただし、すでにその職業に就いている人達と話して、最初の印象通り素晴らしいかどうかも確かめておくこと

「 あなたはこの仕事のどこが一番好きですか? 」「 あなたはこの仕事のどこが一番嫌いですか? 」「 どういう経緯で、あなたはこの仕事に就いたのですか? 」と尋ねてみるのがいいでしょう。

最後の質問は、どうやったらその職業に就くことができるかについての重要な手がかりとなるのです。

 

 

2.40歳の求職活動で色々変化しても、自分の人生だけは守るようにする

かみ砕いて言うと、すべてを変える必要はないということです。

40歳以降の人生を動かすには、しっかりと立てる場所が必要です。そうした場所は、40歳のあなた自身の不変な部分、つまりあなたの性格や人間関係、信念、価値観、そしてどこにでも通用するスキルによって成り立っているのです。

 

 

3.40歳の退職者が長期的に仕事から満足を得るためには、就職市場や流行に惑わされない

自分自身と自分のやりたいことに見合った職業から探し始めるのがいいでしょう。流行でないかどうかは、熱意や情熱が持てるかどうかです。

 

 

4.40歳のあなたにとって最高の職業とは、あなた自身を幸福にするもの

あなたの好きな分野や専門知識で、どんなところでも通用するあなたの好きなスキルを使い、あなたの好む人的環境や職場環境で働くことができ、あなたが望む給料や報酬が得られ、あなたの求める目標や価値観を達成するのです。これには徹底的な自己洞察力が必要なのです。

40歳の退職者はソーシャルメディアさえも利用せよ

  • 2018.02.24 Saturday
  • 00:19

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

ネットワーク作りは、何も直接会って行うものばかりではありません。ネットワーク作りのやり方は大きく変わってきており、10年前と比べてもずいぶん変化してきています。

 

 

Facebook、Youtube、Twitterなどのソーシャルメディアサイトのおかげで、人々はコミュニティを作り、情報を共有して色々なものを他人に進め、意思決定を助け、協力や発明を促し、働き方や人との新しい繋がりを見つけている。

 

 

ソーシャルメディアサイトは素晴らしい。そして驚くほど役に立つツールだ。ソーシャルネットワークに入ることは、神秘の森を探索するようなものだ。敬意の念に打たれて、沢山の美しいものに目をみはる。

 

 

40歳のあなたは、この度に出たことが嬉しくてたまらないことでしょう。

 

 

しかし、その森には危険も潜んでいることを忘れてはならない。そう、プライバシー情報泥棒と呼ばれる奴らだ。

httpsの「 s 」の付かないURLには決してクレジットカードの番号など重要な情報を入力してはならない。

 

 

どちらでもいいと感じるかもしれませんが、httpsの「 s 」は重要なのです。ネットに詳しくない40歳の転職者はむやみやたらに

httpsの「 s 」の付かないURLにアクセスしないよう心がけてください。

 

 

httpsは暗号化されているので、通常はハッキングができないようになっています。しかし注意も必要です。

 

 

無料で何かを提供するという罠であなたを誘い込もうとするのです。

 

 

あるいは、あなたの銀行口座やクレジットカードなどに問題が発生したので訂正をする必要があるといったメッセージで詐欺ろうとする。だから彼らが求める情報を一切与えてはならない。少しでも何かがおかしいと感じのならば、その警告メッセージが出ているサイトから即離脱すべきです。

 

また最も注意しなければならないのは、「 偽レビュー 」と呼ばれるものでしょう。この転職サイトは40歳に最適であるとか、この人材紹介会社は100%中高年に適しているというものです。

 

 

何故このような偽レビューが横行していると思いますか?

 

 

それは40歳のあなたが、彼らのサイトを経由して転職サイトや人材紹介会社に登録をすると、彼らに膨大な報酬が発生するからなのです。だから彼らは平気でウソをつく。そんな情報に振り回された転職を続けていると、なかなか内定が貰えず自暴自棄になってしまいます。

 

 

情報に惑わされず、自分本位で転職活動に臨んでください。

40歳の退職者は人材派遣会社を利用して転職で成功せよ

  • 2018.02.15 Thursday
  • 23:02

 

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

多くの求職者が、人材派遣会社に登録して働くのは、会社を知るために有効な手段の一つだと私は考えています。特別なスキルや専門的技術を持つ人を派遣する会社に登録して働く利点は、数週間ぐらいづつ、様々な雇用者の下で働く機会を得ることができてる点です。そして内部からそれぞれの組織を見ることができることです。

 

 

逆に多くの40歳転職者は人材派遣会社に登録して働くことを忌み嫌います。非常に残念なことですが、それは中高年のプライドが決して許さないからだと私は考えます。

 

 

期待通りの場所に派遣されることはまずあり得ないでしょうが、別の場所で働いていても同じ業界であれば、希望する場所にコネを作ることだって可能性がなきにしもあらずといったとこしょう。

 

 

40歳の中には人材派遣会社に登録することを躊躇する方もいらっしゃる。派遣会社が扱うのは事務員や秘書だけ、女性の仕事だとい古いイメージを持っているからでしょう。しかしこの20年で、派遣業界も飛躍的にサービスが拡大し、多くの業種向けの派遣会社が現れました。

 

 

あなたや我々の住む町でも、工場の従業員や組み立て作業員、ドライバーや整備士、建設作業員、プログラマーやコンピューター技師だけでなく、弁護士や会計士も現れ始めています。ベビーシッターや保険外交員、販売員やマーケティング担当者、保険業者や金融サービスなども有名どころではないでしょうか?そして言うまでもなく、昔ながらの秘書や事務員などの派遣会社も健在なのです。

40歳の求職者は企業研究で他の候補者に差をつけろ!

  • 2018.02.08 Thursday
  • 00:28

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

40歳のあなたが死ぬほどやりたかった職業を見つけたとしよう。そして実際にその仕事をしている人達から話を聞くことができ、もっとその仕事が好きになってきた。そしてその仕事ができる会社の名前も分かった。

 

 

さぁ、次はどんな行動に出るべきか?

 

 

今すぐその会社に押しかけていくのか?いやいや、その前にその会社について調査すべきだろう。これは絶対にやらなければならない必須事項です。

 

 

ある中小企業の社長が「 まったく次から次へと求職者は来るのだが、この会社ではどんなことをしているんでしょうか? 」と聞かれるのももうウンザリだよと嘆きました。「 逆にうちの会社がどんな会社で何をしているかを知っている求職者が来たら、即雇っちゃうね 」

 

 

40歳の求職者の諸君は、会社という組織は愛されるのが好きだということ肝に銘じておくべきです。会社訪問をする前に、十分にその会社について調べ上げ、自分はその会社のことが好きであることをアピールすべきです。そうでなくては苦労して調査した意味をなしません。

 

 

次に、面接試験を受けさせてもらう前に、その会社についてどんなことを調べておくべきでしょうか?まず、職場の内情について知っておくのがベストです。その会社ではどういう仕事をしているのか?働き方はどういう具合か?社風はどうなのか?

 

 

そして、今会社が直面している障害はいったいどのようなものなのか?

 

 

面接においては、その会社が必要としているものを自分が持っていることを示す用意ができていなければ意味がありません。それにはまず会社が何を求めているのかを知ることから始めるべきでしょう。

 

 

その次は、その会社で楽しく働けるかどうかを調べておくことです。だれもが自分の職場の良しあしを評価します。しかし、ほとんどの40代求職者や中高年の転職者が会社を評価するのは、雇われた後なのです。

40代の転職においては些細な情報も重宝すべし

  • 2018.02.01 Thursday
  • 02:31

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

40代のあなたは働きたいと思う特定の企業の名前をどうやって見つけるべきなのか?

 

情報収集の最中に、誰かがふと実在の組織や会社の名前を口にしたり、その企業の良い部分や悪い部分について触れたりすることがあるだろう。これはあなたにとって重要な情報であることを認識しなければならない。

 

 

転職活動においては、情報を増やしておくに越したことはない。

誰か別の人に

「 この業界で仕事をしたいと考えているので、そういう企業に興味を持っています。そのような企業の名前や場所をご存知ではないでしょうか?その企業について調査してみたいのですが 」と尋ねて情報を補完してしまいましょう。

 

 

面談で直接聞くのも良し、インターネットや企業名鑑を利用してもいいでしょう。

言い忘れていましたが、この時点では求人があるかどうかを気にする必要はありません。

 

差し当たり大事なことは、その企業に興味が持てるかどうか?自分自身が魅力的に感じるかどうかなのです。

 

 

40代の中高年が職探しに成功するには、自分が興味を持てるかどうかに基づいて就職先を選ぶべきであって、求人がないからとはなから諦めるようでは、なかなか成功しない。失敗して絶望している中高年はそういう人種なのです。

 

 

欠員は何の前触れもなく突然発生するのです。

 

 

私のコンサル生は、午前中にとある企業にアプローチをしていて、午後には仕事に就くことができた40代の求職者がいました。

午前中には在籍していた正社員が突然辞めて、午後には空席が出来てしまったからなのです。

 

 

あなたが知らないだけで合って、このような偶然は多々起こっているのです。

40歳中高年の安直な考え方では転職が失敗して絶望する

  • 2018.01.25 Thursday
  • 22:44

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

40歳の転職者は、個々の組織や会社を考える前に、いったん休憩でもして転職先としてあらゆる可能性を考え直してみるのもいいことです。釣り人で例えるのならば、できるだけ大きな網を投げるのが一番効率がいいでしょう。

 

1つ例をあげるのなら、40歳のあなたは今の仕事を辞めて憧れていた教師になりたいと思っている。

そう考えるのと同時に教師を雇うのはどんな場所なのかと考えるでしょう。

 

ところがです、地元の学校には全く空きがないことが分かります。するとあなたは「 教師になりたい人の就職先は全くないのだな 」と決めつけてしまうことでしょう。

 

しかし、そのような安直な考え方では40歳中高年の転職は失敗してしまいます。

40歳で絶望している人の多くが、安直な考え方をしているのです。

いかに大きな網を投げて、いかに数をこなすかが、40歳からの中高年が転職にしない唯一の方法と言えるのです。

 

もちろん学校以外にも教師を雇う組織や団体は色々あります。

たとえば、企業の研修・教育部門、ワークショップのスポンサー、財団、私立調査会社、教育コンサルタント、専門家や業界団体、地方自治体など、あげていけばキリがありません。

 

また場所が違えば、雇用形態も異なります。

たとえばフルタイム以外にも、パートタイムや時短社員や、派遣社員など、こちらもあげていけばキリがありません。

 

そして、忘れてはならないのが、自分がボスになると決心して40歳のあなた自身がビジネスを立ち上げるという選択肢もあるのです。

 

 

40歳の転職において試用期間は重要であると自覚すべき

  • 2018.01.18 Thursday
  • 22:44

 

JUGEMテーマ:転職活動

 

40歳のあなたは、経験のある仕事分野のことならよく知っていて、同じ業種で仕事を探しているかもしれません。

 

しかし、もし仕事を見つけることができなかったとしたら?その場合は職種を変更しなければならないでしょう。

あるいは、あなた自身が別の職種で働いてみたいと思っているかもしれませんね。

 

そんな矢先に、あなたはどうしても魅力的に見える仕事をいくつか見つけたと仮定しましょう。

しかし、それらの仕事で要求されるトレーニングを受ける前に、その業種で職探しを始める前に、まずお試ししてみる必要がある。

 

そう、試用期間だ。

 

これはまさに衣料品店で、スーツやドレスを試着すのと同じことだ。何故試着が必要なのかお分かりですか?

マネキンが着ているときにはとても素敵にみえた服でも、40歳のあなたに必ずしも似合うわけではないからです。

 

それは職業においても全く同じことなのです。

本で読んだり、想像したりしていただけなら、素晴らしく思えた仕事であっても、いざ近くで見てみると素晴らしいとは限りません。

 

40歳のあなたが求めているものは、マネキンが着ているときも、自分が着たみたときも同様に素晴らしく見える職業でしょう。

それゆえに、やってみたいと思う職業についてよく知っている人に話を聞く必要があるのです。

 

そういう人を見つけて、少しだけ話を伺ってみましょう。ついつい長話になってしまいがちですが、ビジネスマンらしく時間厳守でいきましょう。ただし、相手がもっと話したいと意思表示された時は例外です。

決して全員ではありませんが、誰かに話を聞いてもらいたくてたまらない人種がいるので、そういった人々は、あなたの格好の話し相手になるでしょう。